Pocket

卒業旅行の有名店など特集、本当のトレンドをあなたにお届けします

帯の色、お揃い(≧∇≦) #traveljapan #みやじま小町 #宮島 #宮島着物レンタル #広島着物レンタル #卒業旅行 #七五三着物レンタル #広島浴衣レンタル #広島旅行 #広島観光 #宮島七五三 #宮島観光 #厳島神社 #miyajima #hiroshima #女子旅 #japantrip #広島 http://miyajima-komachi.sakura.ne.jp/みやじま小町さん(@miyajima_komachi)がシェアした投稿 – Jan 3, 2018 at 12:41am PST

初心者による初心者のための卒業旅行入門

行きしは、思ったより家を出るのが遅くなる→大雨で前が見えなくて徐行→トリミングの予約にぜったい間に合わないーーー!(ご連絡して、時間を遅らせてもらいました)など、気持ちに余裕がなかったけれど。 帰りは帰るだけなのでラッシュに巻き込まれつつも、こころ穏やかに高速を淡々と。 とはいえ、渋滞を見越して午前中に帰るね!と宣言して、颯爽と実家を出たのにすぐに母から「あれとこれ、持って帰るの忘れてるけどー?」と電話があり、実家にすぐ戻るっていうね。 なんやかんやで、もうお昼時やしということで・・・結局、三田屋さんでランチをご馳走してもらって、いつも通りお昼過ぎに出立するわたくしたち。  なぜいつもいつも思っていたより遅くなるのだろうか。あんなに忘れ物ないね!とあちこち指さし確認したのに、がっつり忘れてくるのか。(しかも帰宅後にもまだ忘れ物が発覚)  三つ子の魂百まで。昔からこんなかんじであった。もう修正は難しい気がする。なんとかかんとかこのまま生きてゆく。 あちこちのSAのドッグランにいちいち寄り、夕暮れて。  石川県に入った頃には日が沈んでおりました。 海に出られるSAでおさんぽ。、一時期、ポケモンGOで通ったわー、ここ。 ゆうても、大阪でもやってたんだけども。いまや中高年層しかしてないかと思ってたけど、都会ではいろんな世代を見かけてちょっとうれしかった。  お買い物がメインではあったがそんなこんなでうろうろしていた梅田で、いか焼きも食べてみたわ。 通天閣同様、関西人全員がいか焼きを毎日食べているわけではなく。実は長い人生のなかでもあんまり食べたことがなく。 しかも、わたしが思い描く数十年前のひなびた雰囲気の阪神百貨店のデパ地下(そんな言葉もなかったけど)と、ぜんぜん変わってるので、(いまだに信じられないよ、阪急と阪神が経営統合してるなんて!)たどり着けん。   場所も変わっていて、案内板に従ってたどり着き、行列に並んで購入してみました。 わたしのなかでは、阪神百貨店は551の蓬莱と御座候がお目当てだったのだが案内板のいか焼きの文字の大きさからして、世間の認識とは違っていたのだと気づいたり。 最終日には、みっきとランチ&お買い物。  なんやかんやで、うちのみんなが大好き「コウハク」でランチ。わたくしはスパークリングワイン、みっきはワインより実は単価が高い葡萄ジュースにて。 お買い物は、若者向けファッションビルの「HEP FIVE」とか「エスト」とか。 昔は「阪急ファイブ」だったよなー。若者だったころ用もないのにうろついていたけど(バイトしてたこともある)今やすっかりついてゆけないし。 みっきが好きなブランドのTシャツ、お店のおねえさんとみっきが「かわいいー!」と、いうのだが、そのかわいさ、おかあさんにはまったくわからん。 いやでも、うちの母にも言われてたわ、そんなこと。 夕方にはみっきと解散して(ひとりで電車に乗れるようになった!)わたくしはまさに母に理解されていなかった短大時代のおともだちとひさしぶりに集まっていたわけで。 18~20歳頃、それこそ梅田を一緒にうろうろしていたおともだち。知らぬ間に30年も経ってしまっているのだが。 その後それぞれいろんな人生を歩んではいても、根本はぜんぜんかわらないなーとつくづく。 お店出てからの立ち話がめちゃくちゃ長かったけども、還暦までにまたハワイに行こうという結論でお開きに。 ものすごく期間があいても、会ったらすぐにあのノリになるのおもしろかった。ほんと還暦ハワイ、実現するといいなあ。 なんでハワイかというと、このメンバーで卒業旅行のハワイに行ったのだが、その時の写真(データじゃないのよ、アルバムに貼られた紙焼きの写真だから)を、おともだちがスマホで撮影してきてくれたのよう。 自分たちなんだけど若さがまぶしくて、なんてみんなかわいいの!水を余裕で弾くな。時代が時代なのでハイレグだし。 カメハメハ像の前にいたこの子たち、30年後どうしてるかなんてまーーーーーったく想像もつかなかったよねえ。このときのわたしも金沢に住んでいるとは思いもしなかったであろう。 まあ、そんなこんなが去来する感慨深い帰省だったのでした。 ☆LINEで画像をもらったのだが、このすぐあとに☆
★お店の人に撮ってもらった現在のわたしたちの★☆お写真が。瞬時に30年経過してておもしろい!☆(さすがにこれは公開できない)