Pocket

アジアの中でも南アジアや東南アジアですと、ほとんど常夏となってしまいますので、気温的にはどの季節にお出かけしてもそう変わらない感じになってしまいます。
ただ、雨季と乾季という区別がありますので、春から夏にかけては雨季に突入する地域が多いです。
雨季と申しましても日本の梅雨とはまた異なり、一日中雨ということは少ないのが特徴です。
しかし、ビーチリゾートならばいざしらず、通常の観光旅行では暑いのが苦手なかたもいらっしゃることでしょう。
ですので、春の時期のアジア旅行ならば、あまり南の方まで下らずに台湾や中国の上海から香港あたりはいかがでしょうか。
それでも、日本の春よりはだいぶ暖かいですから、植物もすでに生き生きと芽吹いて花々も美しく咲いていますし、歩き回るのも苦になりません。
また服装も軽装でよいので荷物も少なくてすみますし、飛行時間が短いことから、旅行の日数も短めで充分に楽しむことが出来ます。
短い春休みや飛び石連休のゴールデンウィークでも余裕です。
さらに、アジアは全般に物価が安いということから、旅行代金もお小遣いも多くは必要ありません(ゴールデンウィークの航空運賃は高いです)。
お若いカップルには最適の海外ということになるでしょう。
台湾は世界の中でも一番と言ってよいほどの親日国家でもありますから、皆さん、日本人には非常に親切にしてくれて旅行中の不安は一切ありませんし、上海や香港などは日本人も多いですからそれだけでも安心感があります。
すでに台湾や中国にご旅行済みのカップルは、ベトナムなどいかがですか。
ベトナムも南北に長い国ですので、南のホーチミンは常夏と言っても良い気候ですが、北部に位置している首都のハノイは、香港や台湾南部とあまり緯度が変わりません。
春でしたら、まだ暑さがキツいということもなく旅行を満喫できるでしょう。