Pocket

傷心旅行の未公開情報を通販ショップで提供、このタイミングを逃したらもう二度と同じ商品にめぐりあえないかも

こんにちは、ゆうゆうです

最近のタイトルがおよそ愉快な妊活ブログからかけ離れていますねモヤモヤを出し切ってしまおうと思っているもので。。
次くらいから明るくなる予定です、多分
前回夫について「新手の精神異常か?」と思う事を書きましたが、
他にも普通の人同士なら当たり前に分かり合える思いやりや配慮が、根本から理解してもらえない事が度々あるんです。
ちょっと厳し目に諭すと、割と(理解したかは問わず)受け入れて行動を改めてはくれます。

例をあげれば、
ハサミの刃を人に向けて渡す(注意した際の反論が、刃を向けられた方が緊張感あって受け取る側も注意できるって、、謎理論)

初対面の人などに一般的に不細工と言われる芸能人に似ていると1ミリの遠慮もなく言う(まるで悪気はない、むしろ例え上手を褒めてくれって位の感覚)

テレビを見ていて自分が聞き逃した部分を聞いてきて私も聞いてなかったと言うと「なんで聞いてないのー!」と不満げ
ドラマなどを見ていて「そんな訳ないだろー!」とか突っ込むのでその後の大事なセリフが聞こえず迷惑。同じ事を自分の母親がやるとキレる。

私がやることなすことに「ヨガおばさん」とか「洗濯おばさん」などと称してからかいキレさせる。(面白いと思って言ったんだよ〜って、全然面白くない)

似たような事は各家庭あるのかもしれませんが、総じて相手の気持ちはお構いなし、自分のことしか考えられないって感じです。

多分この新手の精神異常と感じる部分て、まさにアスペルガー傾向ってことなんだろうなって薄々思い始めてます。

アスペルガーの人と行動を共にする健常者は徐々に心が死んでいくと言う表現を聞いたことがあるのですが、、背筋に薄ら寒いものが走りました。
無神経な言動に晒され続けたら、そりゃそうなるわって今なら分かってしまう。

今回の手桶ぶつけんなよ問題をきっかけに、改めて夫に対し日頃から思いやられていない事が悲しい、心が傷ついていると訴えてみました。
分かってもらえないなら離れる事も必要だと思っている事も添えて。
言葉ではスルーされてしまうので、ラインで、上記の例を添えて。

夫からの返事は、

「私は暖かく接しているつもりです。桶の件は謝ります。しっかり目を開けて入水させます。おばさんは一回言われてから一度も発しておりません。神様に聞いて下さい。その都度強く言って頂ければハッとして直します。昔からKYなのは仕方がない事なのです。」

確かに、オバさん発言もハサミの刃も言われた後はされてません。
そして神様というのは例の「中の人」のことかと。
KY、、そうですね、アスペルガーとははっきり言われてないですが家族友人誰もが認めるKYでした、そうでした。
そのKYがまさにアスペルガーの特徴ですよね。

夫にアスペルガー傾向の自覚があるかと言えば、
「違うよ!だってちゃんと働いてるし、友達いるし。」
と言っていたのでまさか自分がという世界なんでしょう。
確かに夫は学業的には比較的知能も高い方でしたし、仕事も異常な迅速さと正確さでこなすので(この点もさらにアスペっぽい)、能力的な評価は自他共に高いというのが厄介な所。
何やらしてもダメダメとかよりは良いんでしょうが、、、
とにかく周りの人はジワジワと心が弱っていきます。
私も、医療者の端くれだから対応ノウハウが分かっているとはいえ、辛いものは辛いです。
そして、不安に思う理由は夫のことだけではないんです。
夫の母親もまた、夫とそっくりなアスペルガーの兆候があってよくトラブルを起こしているんですよね
実の子供たちからもしょっちゅう怒られていますので、他人の私も会えば当然不愉快な思いはしています。
親子だなって、軽ーく解釈してあまり関わらずに流すようにしてはいますが
ただ、、、
どうしても流しきれないのは、夫のお父さんの死因が自殺であるということなんですよね。

夫が中学生の時だったようですが。

転職した後の仕事がうまくいかず、鬱っぽい感じで落ち込んだり怒りっぽくなったりって時期があったと夫は記憶しているようです。
身近な友人が亡くなったことも引き金だったのかもしれません。
そんな状態の義父に、当時義母はどう接していたのかは私には分かりませんし夫も詳細には覚えていないそうです。時々喧嘩はしていたとかは言ってました。

ただ確かなのは、

義父が亡くなる直前、義母はうつ状態の夫と子供3人を置いて兼ねてからの夢であった海外放浪一人旅を楽しんだ。

という驚愕の事実。
期間は2週間くらいだったとか。
夫はその頃月謝が払えないから習い事を辞めろと言われたみたいなんで、経済的に苦しかったんだと思われるのですが、、、
その時のことを振り返って、義母は
「ワガママ言って旅行いって、帰ってきたら旦那が死んじゃうとはね・・・」って、しんみり語ってましたけど。

わたしはこの話を聞いて正直恐怖しか感じなかった。。

どういう神経だとそういうことになるのだろうか。

そして、もっと怖いことは夫がこの事実について、
「お母さんは旦那が死んで傷心旅行で放浪の旅に出た」
と、長いこと誤認していたこと。
私もはじめはそう聞いていたけど義母本人の話を聞いて夫の勘違いを知った感じです。

(ちなみ義父の死因はつい最近まで過労死という事になっていたのがとある家庭内事件をきっかけに突然自殺だと公表された。この点についても色々突っ込みたいが余談なので省略。)
父親の死がショックで記憶が混同したのかもしれませんけど、いやでも義兄はちゃんと覚えてたし、、そこは結構重要なポイントな気がするんですけどね

中学の時の記憶ってそんな、曖昧でしょうか。

まあ、彼にとっては前でも後でもどっちだっていーじゃんて感じみたいですが。

・・・なんか、

どっちだっていー訳ないんだけど、母親を責めても仕方ないから深く考えないようにしているのか、それとも本当に何とも思わないのか。

ちなみに、義妹はしっかりグレてました。警察沙汰もバリバリのどヤンキーに。

でもその反応の方が余程正常な気がします。そして今はしっかり心で納得したのか穏やかになって新しい家庭を築いてますし。
そんな訳で、

とにかく怖いんです。

KYだから仕方ないって、
悪気ないから許してって、

その結果お義父さんは死んじゃったんじゃないかって思うと、私も同じ道を辿ることになるんじゃないかと不安でならない。

「KYが時に人を殺す。」

そんな言葉が頭に浮かん
で離れないんですよね

普段はちゃんと、言えば分かってくれるから大丈夫って思えているけれど。

いつか不意に「一発アウト!」みたいなショックなことをされてしまいそうで、、、

信用したいけれど、信用しきれない。

どんな暴言や発想が飛んでくるかわからないから。

その時に備えて私も鈍感力を身に付けておく必要があるんでしょうけどね

そして人からどんな風に扱われても、自分で自分の価値を認めて戦える強いマインドも養いたいと思います
暗い内容でごめんなさい

今日からD1の始まりで、気持ち新たにスタートを切りたくてモヤモヤも出し切ってみました。
生理の状態も今までで一番良い感じの始まりですので、気持ちで負けないようエネルギーをしっかり蓄えていきます!
最後までお読み頂きありがとうございました

俺とお前と傷心旅行

今週は、土日福島で

土曜日4鞍
日曜日4鞍
の騎乗依頼を頂きました。
1鞍1鞍考えて上を目指したいと思います
さて、今週の火曜日
午前中に厩舎まわりを終わらせ、石川県に行って来ました
彼女と旅行ですか
違います
傷心旅行
別に心傷んでません(´・ω・`)
石川県に在るものと言えば

金沢競馬場
午後からのレースで少し遊んで

夜は、吉原寛人さんと金沢競馬の厩務員さんと晩御飯を食べに行きました
向かった先は
金沢焼き肉のお店
「獅子丸」

美味しい能登牛を沢山ご馳走になりました
美味しさは、寛人さんの笑顔からもお分かり頂けるかと

よしっ、今週も頑張ります