Pocket

傷心旅行厳選ショッピング

ええか、おだちゃん、旅行というものはやな…
などと語ってたら、到着したんですよ!熱海!
我々は、13時半にはチェックインし、
14時の時点でもう露天風呂に入ってましたね。
ああ気持ち良い。

カイジの作者、福本伸行先生に漫画化してもらったら、
このシーンは、見開きで、

愉悦…!

ヨンゴー組が初めて味わうと言ってもよい、愉悦の一時であった…。
と書かれていたことでしょう。(誰がヨンゴー組だ)
いや~ほんとに気持ちいいんですよ。

平日の昼なので、我々以外誰もいないんです。
泳いだりもできるんですよ。

あと、立ち上がって全身の力を抜き、上半身を湯面に叩きつける、ゼロ・グラビティもできるんです。

2時間入ってましたね。何喋ってたか全く覚えてませんが、恐らく、愉悦…!と言い合っていたと思います。

さすがに一回出て、ご飯までゆっくりしようかということになったのですが、

僕がお風呂から出て、てくてく歩いていると、おだちゃんがこう言います。

「チェリーさん、眼鏡どうしたんすか?」

あまりの愉悦に忘れてました。確かに来るときはかけてた。

ただ、懸命なちゃまらーなら、僕と同じタイミングでピーンと来たのではないでしょうか。

あの、中野で私にちょっかいを出してきて、
お笑いのノリなら当然すぐつかまって、キャッキャキャッキャ言い合うくだりをやらせずに、

500メートルくらい逃げ続けたあげく、私を巻いたあのおだちゃんが、

人の眼鏡なんか気にするわけないんです!!

絶対あいつが持ってるに決まってる!!

でも、一応、脱衣徐に戻って眼鏡を探す私。
「もうええねん!おだちゃん、眼鏡出せ!(笑)」

するとおだちゃんは言いました。

「なんか、湯船の底で見ましたけどね」
いや、もうめっちゃめんどくさいやん!!(笑)

浴衣も着てるのに!
僕は、髪を振り乱しながら、浴衣をたくしあげて湯船に入ると、

湯の底で、眼鏡が光輝いています。

わー、眼鏡がゆらゆらしてんの初めて見たー
僕は熱海湯けむり殺人事件を今夜起こしてしまうな、などと思いながら、
取ろうとしたら、
浴衣濡れてまうやん!!
いや、一回上がって、浴衣脱がなあかんやん!めんどくさい!めんどくさい!!

と絶叫していると、

「チェリーさん、足で!足で!」

この事態を引き起こしたおだちゃんからのアドバイスです。

彼は私をどうしたいのでしょうか。
おだちゃんからのナイスアドバイスで、私はこの窮地を脱することができ、無事、足で眼鏡を取り上げることに成功しました。(96時間リベンジのリーアム・ニーソンも同じことやってました)
一瞬ナイスアドバイスをくれたおだちゃんが天使に見えましたが、
いやいや、この事態を引き起こしたのあいつだし!!と思い直し、

熱海湯けむり殺人事件の構想を練ることにしました。
つづく

Android携帯からの投稿

傷心旅行が激安価格で登場♪お買い得品いっぱい♪

https://ameblo.jp/imanoami/entry-12294387844.html のつづき長野旅最後のブログ~!  この光に向かって歩いていく。 ちょっと入り辛い外観。中の様子がわからない。 でも、この感じはきっといい居酒屋。 扉を開ける。 入ると、店内は数名のお客さんでとても賑やか。  お通しと、お酒。(なにか忘れた)  マスターにおすすめを聞くと、「そんなものないよー、食べたいものたべなー!」 ということで、 頼んだのが、レバと軟骨。おいしかったー。 隣の席にいたおじちゃんのキャラが濃い。 まず自己紹介。おじちゃん。自称「ウクライナとエジプトのハーフ」。実際は、徳島県生まれ長野育ち。物凄く、日本人。  「おねえさーん、飲んでたんですかー!いえーい!」 「いえーい!」からのハイタッチ「いえーい!」からの乾杯これが、この後、無限に繰り返される。  「ねえちゃんは、なにやってるの?」おじちゃんが聞くので、「ちょっと一人で長野に遊びにきました」と、答えると、  「え、なに?傷心旅行!?死に場所探してんのか!?だめだぞ!」めちゃくちゃ心配され「大丈夫、ねえちゃんまだ若い!!」めちゃくちゃ励まされる。  もちろん生きる気満々で決めた長野旅行だったが、これだけ励まされると、何かに物凄く悩んでいたような気がしてくる  おじちゃんが私を元気づけるために色々料理を頼んでくれる きゅうり 串。 さらにはおじちゃんの隣にいた女性が、春巻きをくれた。  よくわからないけど、本当に楽しかった。  ちなみに 「あみです。」「ほんとうにあみか?くみとかじゃねえのか?」「ちがいまs「いえーい!かんぱーい!」こんな感じでずっと話は続いた。  マスターもとても素敵な方。お酒が好きらしく、一緒に飲みながら色々な話をした。 そして、マスターとさっきのおじちゃんと、3人。何故か「ロッキー」の話をした。
 ずっと笑いながら過ごした時間。 「東京の方からわざわざ来てくれてありがとう、何もないところだけどまた来てね」帰り際、おじちゃんやマスターが言ってくれた言葉が嬉しかった。  もう朝が近い。お店を出て向かったのは、一軒目に行った、24時間365日営業の居酒屋。 無計画旅行の強い味方。 ここでゆっくりする。 最後に頼んだのは、 「こねつけ」 ご飯と小麦をを練って、味噌で味付けをした、いわゆる”田舎のおやつ” このお店で初めて知った「こねつけ」という言葉。 一回目、このお店に行った時、隣のおじちゃんが「知らなかったでしょ」と教えてくれた。 食べてみたいと思っていた、こねつけ〆に頼んでみた。 ご飯にもおやつにもなる。甘じょっぱくて、優しい味だった。  弾丸で決めた長野旅。ひたすら居酒屋を巡り、人と話した、最高の時間。 「無計画な旅行」計画を立てたらもっと色々なところいけるんだろうな、とも思うけど、迷いつつ、その時の偶然、で旅するのがとても面白い。 本当に楽しかった長野旅。また、無計画旅行してみよう。