Pocket

傷心旅行をのぞこう。

フランス旅行記初日です。
そもそも今回何故突然フランスへ!?と思われた方も多いでしょう。
オットと喧嘩でも?
一人旅?
傷心旅行?
それとも、とうとう旬と愛の逃避行?(←ママ友に言われた 笑)

いえ、実は勉強に行ってきたのです。
ブランデーの研修旅行です(*´∀`*)♪
サントリーさんに連れて行っていただいたのでした。

わたしはお酒大好きですが、でもお酒と言えば・・・うち飲みでは琥珀色のシュワシュワ飲料か、外ではワインを好んで飲みますが、ブランデーと聞いてもお菓子に使うイメージくらいしかなく(すみません)、実家には某高級ブランデーがサイドボードにたくさん並んでいたのですが、それは飲むというより飾ってる感じで、、、、
母がたまに特製のブランデーをジャブジャブ使ったケーキを焼いてくれるのですが、そのイメージしかありませんでした。
そもそもブランデーが何でできてるかとか、どうやって作られてるのかすら知らなくて・・。
ブランデー=高級
みたいなね、ちょいいい感じのオッサンがブランデーグラス片手に葉巻をくわえる的な?
さてさて、フランスですが、母さんはまったくの初めて!
そもそもヨーロッパ圏に行くのが初めて!
フランス語なんて
「ボンジュール」
くらいしか知らないまま(一応フランス語の旅行会話集をスーツケースへ忍ばせて)旅立ちました。
エールフランスです。
約12時間35分の旅。
関空出発はちょうどお昼頃でした。
12時間何をやっていたかって?
ずーーーーーーーーーっと映画観てましたよ、ええ。
「リアルスティール」
「猿の惑星 ジェネシス」
「プリンセス トヨトミ」
「スーパーエイト」

豪華4本立て。
めっちゃ面白かった。
(そんな感想でひとくくり)
映画のほかに、文庫本も1冊読み終わり。
機内食1回目。
ビーフを選びました。
さっそくフランスパンが!!!!!

機内食2回目。
フランスパンじゃないのかい!!!!!
そんなわけで充実の12時間を過ごし、フランスはシャルルドゴール空港に到着です。
フランスは夕方。
17時ごろです。

専用のバスに乗り込んで空港を後にしました。
あっという間に日が落ちてきました。
ガイドさんにいろんなフランス話をうかがいながらホテルのあるパリを目指します。

パリ市内。
バスの車窓から。
遠くに見えるのはコンコルド広場のオベリスクかな???

石畳が情緒あふれるパリの街。
ってかバスの車窓から撮った写真でまともだったのはこれだけ、、、
もう日がとっぷりと落ちた後だったので、動いている車内から撮るのは難しかった、、、

ホテル到着。
ホテルはオペラ座のすぐ近くにある「ミレニウムオペラ」。
これ、エレベーターです!
なんとドア式。
バタン!と手前に自動で開きますんで、おばちゃんビックリ。
室内の様子。
お部屋はそんなに広くないですが、ヨーロッパに来た!という感じの内装でとっても良かったです。
洗面所もかわいい。

お風呂もかわいい。
どうして海外のシャワーヘッドって巨大なんでしょうか。
重たくてしょうがないという・・・

1人で寝るのがもったいないほど広いベッド。

さあ、晩ごはんを食べに出かけます。
フロントへ降りるエレベーターの中が一人だったので写真撮ってみました。

カメラの構え方がおかしい手つきですが、だれか来たらどうしようという焦りの表れでしょうか。
さて初日の晩ごはんはこちらへお邪魔しました。

ここはお惣菜屋さんの奥がレストランになっているというスタイルのお店です。
いろんな人の背中が(笑)。

「あー!俺うつってるーー!」
(きっと喜んでくださってる左手前の方は3男児のパパ←がんばれ 笑)
お店の名前。
店内は、壁一面に調味料や食品など商品が並べられています。
反対側は、お惣菜が売られています。
手前のトマトのファルシーは、わたしも食べました!
スパイシーでおいしかったです。
たしか豚肉とか(とかって・・・めちゃ曖昧な記憶)色々。
ワインの大きいこと!
大きい瓶のほうが美味しいんですって。

今回はお酒を楽しむ旅なので、そしてツアーの参加者はみんな食に携わる仕事の方々ばかり!
プロフェッショナルな方に混ぜていただき、めちゃ勉強になりました。
ソムリエの方もいらっしゃったので、ワインの選び方もプロフェッショナルなのです。
お料理に合わせてワインを選びます。
前菜にはこのワイン、こっちの料理にはこのワイン、メインにはこちら・・・という風に、お料理一皿ずつにワイン1、2本ずつ合わせます。
どのお店でもパンとお水(炭酸入り、なし両方)は切れることなくテーブルに運ばれてきます。
このパンも酸味があって美味しいですが、なんといってもバターが美味しい。
バターは塗るというより、乗せて食べる感じです。
この旅行中にバター500gくらい食べてるかも、、、、美味しすぎて。

ハムの盛り合わせ。
手前はサラミですが、もものハムがわたしはとっても気に入りました。
しっとりしてていくらでも食べられる感じです。

4,5種類のハムが乗っていました。
メインのお肉料理。
手前が鶏肉、奥が子羊だったかなぁ・・・
お肉の香りが野性味あふれる感じでとっても美味しい。
そしてワイン。
ワイン。
どんだけ飲んだでしょうね、、、
これ、お肉の付け合せのポテト。
めっちゃくちゃ女子好みの料理でした。
薄切りのポテトとクリームをオーブンで焼いてあります。
そして食後にリンゴのタルト。
これもめーーーーっちゃくちゃ美味しかった^^
あったかいケーキに酸味のあるクリーム(サワークリームだろうか・・)をたっぷり添えていただきます。
そんなフランス旅行、第一日目の夜でした^^
次回2日目の旅もお楽しみに(2日目に大事件発生・・・・←またか!!!!!しっかりしろよ!!!!わたしめ!!!!!!)

傷心旅行 帰ってくるあなたが最高のプレゼント

パソコンを、初期化してしまい、PCを使えない時期でした・・・(;^_^A2~3か月、PCでブログアップ出来なかった時ですね・・・  じつは、そんな時、親友・・・達と、こんな所に行っていました・・・ 分かります・・・・?(^∇^)出世大名家康君と、直虎ちゃんです・・  静岡県浜名湖の北、気賀の関所・・・に、今年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』 の大河ドラマ館があります。 友達たちが、俺の、傷心旅行・・・に行こうと一泊の旅行を、計画してくれました。  男 4人の 色気の無い旅行です・・・(;^_^Aちなみに、右上 青い服が自分です・・・(^O^) 浜松・・と言えば・・・餃子ですよね。自分たちは、喜募里(きぼり)さんに行ってみました、流石は浜松餃子の名店、12時頃に着いたら、1時間待ちでした・・・(^▽^;)ま、おいしかったですけどね・・・  また、こんな所にも行きました・・・竜ヶ岩洞 鍾乳洞 ですね。 こんなお土産が・・・いい直どら焼き・・・  (^▽^;) 実は、ここに来てみて、周辺の植物、鍾乳洞がある・・・と言うこと・・・などから、もしかしたら、ニシキキンカメムシが居るんじゃないか・・・と、思い、2か月後の、愛知県採集旅行へ、繋がっていったんですよね・・・  ドラマ、直虎で出てくる、龍潭寺(りょうたんじ) にも、いきました。  お泊りは・・・舘山寺サゴーロイヤルホテルさんです。 ここの名物は・・・屋上にある、展望露天風呂眼下には、浜名湖が一望・・・ 夜は・・・いいムードでしたよ・・・(o^-‘)b 夕飯ですが・・・伊勢海老、アワビの御膳でした・・・о(ж>▽<)y ☆ お世話になりました・・・    浜名湖クルージングをしたり。   久能山東照宮 へ、行ったり・・・これ、家康さんのお墓です・・・   焼津漁港で・・・お昼を食べたり・・・   何年ぶりかな~~、野郎だけの旅行・・・気心の知れた仲、楽しかったですよ、ありがとね、みんな・・・ヾ(@^▽^@)ノ  来週で、ドラマ・直虎が最終回なので、終わる前に、アップしてみました・・・ (^_^)v