Pocket

傷心旅行 フィットするって、気持ちいい。

ホンマルラジオ奈良局開局!そのイベントの為に奈良に1人で行って来たイベントの為!と言いながら、観光地巡りやご当地グルメの事で頭がいっぱい❤️
楽しみにしていた傷心旅行(結婚してるっての💦)の当日は大雨で、さすが雨女だわと
しかも超大型台風来て、わざわざ新幹線で台風に向かって進むと言う私らしい無謀なプラン❤️
ウキウキしながら新幹線に乗る。奈良局の代表者の方におすすめプランを考えていただき、レンタカーを借りて観光地に出掛けた。
知らない土地の大雨のレンタカー💦やっぱり自分の車以外の運転はかなり緊張する
アクセルちょい踏みでブーン❗️キャーうちは軽自動車なので、かなり踏みごたえあるけど、普通車はちょい踏みでこんなん進むんかーと感心していた💦
明日香村の岡寺と言う所に行った。車が数台停まっていて階段を進むと参拝客は2人くらいで、更に砂利道を進むと貸し切りになった 誰もいない道を歩くと横に川が流れていて、大雨のせいで川の流れる音が激しく聞こえた。
雨も強いし、それでも有名だから!と言うレンタカーのおいちゃんの話だけを頼りに進んで行くと、左右に分かれる道に会った。
もうさっさと帰ろうと思いコース順路を無視して帰路の道を進もうとすると、なぜか左の道が気になりそっちに進む。すると洞窟の様に岩に穴が空いている場所が見えた。その穴を覗くと奥に銅像が置いてある。傘も刺せないくらい小さな洞窟だけど私が入るには充分な空間だった。
洞窟の中にから雨のピチャーン、ピチャーンと岩の隙間から落ちた音が響き、外に漏れていた。ここからが凄かった💦傘を閉じて中に入ったとたん、涙がドアーっと💦溢れでて来て、何で泣いているのかも分からず、ただただその銅像の前で泣いていた
その空間には銅像と私しかいない。ただ涙がばかり溢れてくる意味は分からなかった。神秘的過ぎて感動したのか、自分の犯した罪を許して下さいと言う意味で泣いたのかは分からない。
多分両方だったのかもと思う。洞窟から出てくると、なぜかスッキリしていた。そしてまた車を走らせ、パワースポットで有名な大神神社に向かった。

傷心旅行 ピッカピカの1年生

秋祭りが終わると、町内会にも秋は駆け足で通り過ぎる。木々の葉を紅葉させ、果物を実らせる。そして、何と言っても秋は、悲しいストーリーがよく似合う。そういえば、青春時代の傷心旅行も秋だった。恋の前には、読書の秋も、スポーツの秋も色あせる。 並木道の木々は黄金色にかがやき、山々は錦の輝きを放っている。赤や黄色の葉っぱは、百万色の錦絵のようである。松山周辺にも紅葉の名所は数々あるが、私の一番は東北、奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)と十和田湖周辺の銀杏の木々の「黄」。「黄」の絨毯に「黄」の空、赤でもなく青でもなく、緑でもなく。不思議な景色がいつまでも残っている。しかし、いつの間にか、石鎚山のお頂は白い帽子をかぶり、木々は古い衣を脱ぎ捨てやがて訪れる春の温かさに備えている。法量のイチョウ 奥入瀬渓流の黄奥入瀬渓流は水位が変化しないので、水際まで苔や植物が生えている不思議な渓流である。 ロマンチックな秋は楽しい思い出だけではない。多彩な葉っぱの色に負けない、いろいろな悲しい恋もある。女の人は別れた男のことを、いともあっさりと忘れてしまう。しかし、男はいつまでも、心のひだに引っかかったトゲのように忘れることができない。 そんな素敵な人へのメッセージに、ポエムを描きました。 ポエム: 「I Love You」ペンネーム: 三・一(しのまえ はじめ) 松山市からインフルエンザ情報が届いています。インフルエンザの予防注射しましたか?松山市では、全国的にインフルエンザワクチンの供給が遅れていることから、接種を希望する方が12月末までに接種できないケースが見込まれるため、今年度に限り接種期間を平成30年1月31日まで延長するそうです。松山市の場合、65歳以上の人は、1回1,000円です。風邪は万病のもと、今すぐGO!  クリスマスには素敵な二人だけの思い出を ・・・・・