Pocket

沖縄旅行に出かけたのでしたら、やはり一度は那覇市に滞在したいものですね。
県庁所在地はその県の代表といっても良いような場所です。
もっとも最近の県の様子がわかるのも県庁所在地である場合が多いです。
那覇市は、沖縄県民も多く暮らしていますし、観光客も多いです。
そして、那覇市の台所と呼ばれているところが「公設市場」です。
こちらは、ツアーで訪問する場合は少ないと思いますが、那覇市の国際通りに面していて、市民のかたでしたらどなたでもご存じですので、ぜひ立ち寄ってみて頂きたいと思います。
公設市場は、戦後のヤミ市からずっと続いているとのことで、無いモノは無いと言われるくらいに、ありとあらゆるものが揃っています。
普段は、ショッピングがあまり好きではないというかたも、きっと楽しいことと思います。
たとえば、あなたが暮らしているご近所の市場では、ほとんど見かけることもないようなカラフルな色の魚たちや、豚の顔の皮(チラガー)、豚足(テビチ)なども売っています。
今では、全国的にも売られるようになったゴーヤもたくさん売っていますね。
これらは、沖縄では普通に食べられているものですので、あなたも試してみてはいかがですか。
公設市場の二階は食堂になっていて、一階の市場で購入した材料を使って調理もしてくれます。
調理代金は有料になりますが、ご自身ではどのように調理してよいかわからないものなど、ぜひ調理してもらって食してみてください。
それもまたきっと沖縄旅行の忘れられない思い出となることでしょう。
ツアーについている食事も沖縄料理が多いとは思いますが、やはり直接料理人に調理してもらうと美味しさが倍増するような気がします。
カラフルな魚などを食した感想は、沖縄旅行のお土産話にもなることでしょう。