Pocket

卒業旅行の楽天店舗での激安通販情報、人気の通販店舗情報もあります

玩具のだるま落とし、みなさん、見たことありますよね、薄めの円柱を重ねていって、一番上に頭をのっけ、かなづちで横からおなかを叩くと、すとんと一個だけ円柱が抜けて頭が下がっていく、というあの玩具です。
波動が下がるとき、というものあれに似ていて、ちょっとしたきっかけですとんと下に落ちるんですね。逆に上げるとき、というのはひとつひとつ丁寧に積み重ねるようなイメージなんです。ここで注目したいのは、上がっていくのは全体ではなく、頭の部分です。
先日の記事で、スピリチュアルな意味での波動を上げるというのは、波動域がそのまま上にシフトすると言ったのと矛盾しているのですが、実はバディジャーニーにおける「波動を上げる」のトリックがそこに隠されているのです。
つまり、波動域の下の部分はそのままに、上にどんどん伸ばしていく、それがバディジャーニーにおける「波動を上げる」ということなんですね。下の部分はそのままに、というのはどういうことかというと、三次元、地球にしっかり足をつけたまま、行動も根付かせたまま、意識部分は軽やかに細やかな次元にまで伸びていく、ということ。

スピリチュアルを学ぶ上での誤解についてちょっと触れましたが、スピリチュアルを頭で学ぼうとすると、精神世界という理想郷にばかり心が向いてしまって、現実とのギャップからさらにストレスを覚えたり、地から足が浮いて、どこか浮世離れしてしまったりすることがあります。肉体を持っている以上、地に足はつけておかないと、やはり生活には支障が出てくるものですね。
また一方では、すさまじい修行をして、精神世界を極めようとする人もいます。水と光だけで生きるだとか、煩悩を消すために土に埋まるだとか、逆立ち生活、穴倉生活、ヨガ三昧などいろんな修行の仕方があるわけですが、そうして強制的に魂の世界に近づいたときに、地球での役割はどうなのか?もちろんそうした修行そのものが目的であり、その人の役割だという場合もあるでしょうが、どうやらバディの目的とは異なるようです。先ほどのだるまで例えると、そういう人は頭の部分に風船をつけて、身体から離れて上にどんどん浮いて飛んで行っているようなもの。
バディの目的は地球に愛を広めること、でしたよね? だとしたら風船でふわふわ飛んで行くわけにはいかないのです。身体はどんどん伸ばしつつも、根っこはちゃんと地球に下ろしておかないと、役割が果たせないのですね。
さらに言えば、それぞれのバディが波動域を広げ、意識を波動の上の部分にあわせていくことにより、共鳴したほかの人たちの波動域もどんどん上がる。最終的には地球全体の波動域が上に持ち上げられ、全体的にシフトする、ということになります。
ときにはすとんと波動が落ちることもあるのですが、それにも意味があったのです。つまり、ふわふわと上に飛んでいくのではなく、地固め、足固めしつつ着実に波動域を上に広げていく、ということ。だから、「苦しい」と「らくになった」を繰り返しつつ、前進しているのです。全然、上がってないように見えても、螺旋階段をゆっくり上るように、見える景色はあまり変化がなくても、着実に上っている、それがバディジャーニーなのですね。  With Love xoxoxo
May ☆レビューお待ちしています♪  魂の卒業旅行 ソウルバディジャーニー: 虹色の愛でつながる絆   Amazon   
にほんブログ村

卒業旅行 たのしいはソコにある

ハネムーン準備にもう1つ欠かせないのがネット関係の準備です 正直個人旅行において命綱となるのはネット環境と導入アプリと言っても過言ではありません まずネット環境について。  私たちは色々比較した末、グローバルwifiさんの世界周遊プランにしました ルータは国によって違うので3つも持つことになりましたが、充電器も一緒だしまとめてポーチに入ってたので全然気にならず結果どこの国でも電波バッチリでした ネットで申し込んでおいて、空港でカウンターに行って貸し出ししてくれるので、使い方の説明を受けたりするから少し早めに着いてたほうがいいかもです グローバルwifi 周遊プラン 本気で回し者じゃないので、他のやつでも多分全然いいと思いますが私たちは少なくとも実体験として繋がりやすかったです  そして入れておいてよかったアプリ  ①Booking.com言わずと知れたBooking.comは予約しておいたホテルの詳細や道順、電話番号などを調べたり、万一予約が取れてなかったらすぐに違うホテル探せるのでマストのアプリです現地で到着が遅れる旨も、チャットみたいな画面で送信できるので便利でした! ただ、万一スマホ無くした時のためにきちんと紙でも予約画面は印刷していきましょう ②Googlemap オフライン 次に便利だったのはこちら Googlemapヘルプオフラインでの使い方 wifiのない時やニューヨークの地下鉄など、オフラインでもちゃんと自分の位置まで出てくれるのですごく使いましたていうかこれがなかったらスムーズに観光するのまず無理だったと思う。  混雑する都市ばかり見に行ってたので、街中で地球の歩き方広げるわけにいかないし(笑)そんなことしてたらおのぼりさんだと思われてスリとかに狙われやすくなる気がしましたw 実は皆あまり使ってないと思いますが、観光ルート登録なんかもできるので、ローマのように徒歩移動の多い都市部ではあらかじめ日本でどう効率的に回るかシミュレーションしておきました。 ③yelp こちらは食べログの世界版ですね。私たちが行った国ではほぼ全てこのアプリ対応していて、レストランの入り口にトリップアドバイザーかこのyelpマークがあるお店がたくさんでした。 各国の方のレビューの中には日本人の方のもかなりあるので、クチコミを参考に地元の美味しいものにありつけた感じですトリップアドバイザーよりももっと食に特化してるし、アプリの遷移がシンプルでマップへの移動もスムーズなので、個人的にはこっちのが見やすかったです 特に調べもしてなかったとき、現地で周辺に美味しいお店があるのかも、このyelpで見て目星をつけていきました。大学時代の卒業旅行で、辺境の地で店が見つからず適当に入って博打に出た時のことを思うと、今はずいぶん進歩してるんだなー、って感じです。一生に一度しかいかないかもしれないところだから、食で損したくないもんね! ちなみに、関係ないですが現金の両替は為替の相場を数ヶ月見守り続けて、1番円高っぽい時にネットで両替(笑) 手数料の安いインターバンクで10万円ぶんずつドルとユーロに両替しました。 無料で自宅に届けてくれるし、普通の銀行でやるよりかなり安かったです私が行く時期はちょうどトランプ就任直前で、私も経理部だったので毎日の為替チェックをするついでに高値取引を狙ってました 結果両替した時の方が旅行当日空港で両替するより4000円くらい得しました あとは、アプリではありませんが出国前にiPhoneの天気表示を行きたい都市分設定しておくこと。現地で晴れてるのかと気温はどうなのか、すぐに確認できるので傘を持ち歩くかどうか決めたり、防寒具の出し入れに役立ちました。(スーツケースって出先ですぐに開けられないから、ホテルにいるときにその日の街歩きの服装と持ち物はすぐ出し入れできるカバンに準備しとくといいです。) 他にも役立ったアプリがあれば順次紹介していきますね さて、長くなりましたがいよいよ現地旅行記に移ります!