Pocket

卒業旅行の新しい発見サイト♪

おはようございます
名古屋CLEAR’SCoco&RikoのCocoこと心音です
昨日も、たくさんのいいね!コメント
ありがとうございます
受験生のみなさん受験、お疲れさまでしたぁ
るかリンも、受験が終わって今日からライブに復活するんだって〜会えるのたのしみだなぁ
.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.

おにぃちゃんは、昨日からお友達とみんなで卒業旅行に行ったょ
最初、ディズニーに行く予定をしてたけど…修学旅行で行ったから?ユニバにしたみたい*.(๓´͈꒳`͈๓).*
おにぃちゃんのまわりには、いっつもお友達がいっぱいでワィワィきっと、楽しんでるんだろうなぁ
明日、帰ってくるから…少しの間だけ弟くんと2人っこ気分です
.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.ෆ*˚*ෆ.₊̣̇.

明日は、Coco&Rikoライブあるょ会いに来てねぇ( •ω•ฅ).。.:*♡︎

3月12日(日)の予定

CLUB SARU11:00〜  Coco&Rikoライブ

♡明日のCoco&Rikoは、SARU1部だけです!

ぜひぜひ、にこにこな時間にしましょう〜

Cocoのブログを見てくれてありがとうございます

不思議の国の卒業旅行

「ま、いっか」とは簡単に思えない、そんな状況ももちろんあるかと思います。「なんでこんなことになってるの?」と、ガイドさんに八つ当たりしたことも、一度や二度ではない私が、「ま、いっか」と切り替えることが出来るようになるには、やはりある程度の時間が必要でした。 エステティシャンのお友達の話によると、エステティシャンに綺麗な人が多いのは、高い器具や化粧品を使ってお手入れに余念がない、というわけではなく、プロとして人体学を学ぶからなのだそうです。太る仕組み、肌が劣化する仕組み、肌や骨や筋肉の形成の仕方、そういった知識があるから、無駄なくお手入れが出来るのですって。 それは現実を作り出すケースにも当てはまると思うのです。望ましくない現実が起こっているとき、誰もそれを自分が作り出しているとは信じたくないでしょう。でも、物事が現実になる仕組みを知っておくことで、改善策も無駄なく実行できるものなのですね。 ということで、おさらいです。 魂には人生のブループリントがあります。そのブループリントは肉体の自分が体験するためのもの。ところが、実際に体験に移す前にあらゆる概念というフィルターを通ることになります。いろんな概念がありますね。 お金があれば幸せになれる女は女らしく、泣き虫くらいでちょうどよい結婚はゴールイン(人生の墓場とも言われますが……)大人(世間)の言うことには従うべき自分が我慢して他の人が幸せになるなら、そちらを選ぶ などなど。古い概念はいっぱいいっぱい溜め込まれているはず。(「魂の卒業旅行ソウルバディジャーニー」でたくさん紹介しましたが、もっともっと世界の人口の数よりあるはずです) そうした概念、思い込みなどを通った魂の計画は、複雑で困難なものに変わってしまっています。肉体の自分にとって、魂の計画は無意識的に「非現実的」なものとなり、進む方向を変えてしまいます。 それを実行することで生まれた感情は再び宇宙に向けて投げ出され、宇宙はその波動を受け取り、同じ波動の物を返してくれるのです。 例えば魂の目的が、「芸術を通して豊かさを体験し、成長する」というものだったとします。その人には、小さな頃から音楽が好き、というサインが現れていました。彼は、将来はピアニストになりたいと願います。ですが、家族は「音楽はお金がかかるし、よほどの才能がないと、独り立ちはできないんだよ」と諭します。「ピアニストで食べていくには、相当の努力が必要なんだよ」「男の子なんだし、将来は家族を養わなきゃいけないんだし」などと言うかもしれません。その言葉は、「私には音楽を続ける経済力がない」だとか「私には音楽で食べていくだけの才能がない」などの負の概念を植えつけることになります。 がっかりして音楽をあきらめるのか、ダメもとで続けるのか。その行動は本人次第ですが、概念と感情はいつまでも居残るため、あきらめれば不完全燃焼の気持ちが残るでしょうし、続けていても厳しい現実の壁にぶち当たることになるでしょう。ああ、やっぱりダメだった、ということにもなりかねません。 でも、それが現実の仕組み、システムなのだと知ることで、望む現実を作るにはどうしたらいいのかがわかるかと思います。概念を捨てて、まっさらな状態でいたらいいのです。そもそも魂がやりたいことを肉体の自分にさせるためには、わくわくしたり、たのしい、うれしいという非常にわかりやすい波動をサインとして与えてくれるのです。 音楽がとっても大好き、ピアノを弾いてるだけでわくわくするのなら、それが魂の望むこと。それを素直に楽しんで、将来はピアニストになろう! 世界中をめぐって、リサイタルやろう! うれしいな、たのしいな、ピアノって素敵だな。で、ピアノを弾く。そんな単純なことでいいのです。宇宙はちゃんとそのわくわく体験を受け取り、同じ波動を返してくれるのですから。 そんなの非現実的だよ!ともし思うのなら、その理由があるはずですね。その理由はなんでしょう? きっと積み重なった古い概念なのです。まだフィルターを通して物事を見ている、ということなんですね。 いきなり人生賭けるような大きなことは「ま、いっか」ではすまされないでしょうけど、身の回りの小さなことから、宇宙を信頼して「ま、いっか」とやっていると、思いもよらぬ出来事が起こり、新しい方向に招いてくれるのに気付くと思います。一度、二度、そういうことを体験したら疑う気持ちも消え去るんですね。(私が家を買うときの失敗談、その後の不思議な出来事も参照なさってくださいませ) 信じる。委ねる。そのために古い概念は捨てる。すると、「ま、いっか」と「私はこっち」が癖のようになり、そのうち「こっち」の出来事が多くなるために、「ま、いっか」自体を使わなくていい状況にまで現実は変化するはずです。 今日も素敵な1日を! With Love xoxoxoMay ↓しつこいですが、もうしばらく置かせてね! レビューお待ちしてます。 魂のパートナー ソウルバディ: あなたの愛するあの人はソウルバディかもしれない   Amazon    魂の卒業旅行 ソウルバディジャーニー: 虹色の愛でつながる絆   Amazon  そしてこちらもクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村