Pocket

四国にはなんと”四国根性”とまで表現されるいわゆるファイトにみちみちた人そして独特の名所などがあって、まさに二つの岬からの太平洋の荒波にもまれているかのようです。
なかでは気性のとても激しい有名人をも生み出しているようです。
まさに「さぬきウドン」をも含めて山海の珍味を味わいたい人たちには、最高の国内のおすすめとなるでしょう。
本州との大架け橋によって歴史的な街並みを実感しに先ずは徳島県の鳴門のドイツ村を訪れてください。
ベートーベンの「第九」によっての俘虜収容所におけるドイツ人と県民との話には尽きない魅力があるでしょう。
鳴門トイツ館では、ドイツケーキなどを求めることができますので、ぜひ生粋のドイツ味を体験してください。
香川県高松市にある三大公園のひとつである栗林公園は、国の特別名勝にも指定されています。
アメリカにおいても島根県の足立美術館や京都の桂離宮と並び称されているほどの日本を代表する名園なのです。
愛媛県といえば前記のような夏目漱石の「坊ちゃん」による松山市における古風な街並みがとても印象的であって、瀬戸内海に面していることで、文字通りの山海の珍味があなたを大歓迎してくれますが、そのトップこそがあの「活き鯛飯」であることを覚えておきましょう。
多産で知られた新鮮なミカンこそが心から堪能させてくれます。
高知県の人には独特の気性をもっていた人が古代からおり、じつにユニークなグルメと街並みが南国市から土佐市にかけて太平洋を展望しつつ鉄道からも魅力を感じさせてくれるところでしょう。
龍河洞(りゅうがどう)はなんと1億数千年という年代が生み出した自然の造形美が卓越した日本でも有数の鍾乳洞なのです。
四万十川からのオサシミこそが、あなたを都会の喧騒から大きく救ってくれるでしょう。
さらには「座屋」における「カウンター懐石」の味わいに大いに強い地酒とともに酔ってください。