Pocket

日本は世界的にも知られた高温多湿の国とはいうものの、農産物から海産物にいたるまでのユニークなグルメがあるのです。
さらに夏祭りを目指して来日する海外かの人たちも年々とても多くなってきています。
そして真夏を避けるようにして軽井沢からさらには東北地方そして北海道などこそは、まさに避暑旅行へおすすめの場所となり続けております。
山岳地帯でしたらj果物やツクシそしてゼンマイと現地独特の地酒に酔ってみましょう。
反対に真夏を狙って沖縄地方でのスイミングに加えて独特のグルメを毎年のように堪能しているマニアも居るほどです。
夏といえは三大祭が思いだされますが、京都の祇園祭りあるいは大阪の天神祭りさらには仙台の七夕祭りがとりわけ有名です。
大阪では「カニ道楽」での産地直送の「カニフライ」などを忘れないでください。
京都では「ヤツハシ」とか独特の「湯豆腐」を堪能しましょう。
8月にはお盆休みがあること、そしてウナギを食べることはまさに日本人の食文化というものに理がかなっているというものでしょう。
ヤングメンそしてヤングレディーに限らず、海水浴こそが健康に第一と唱えているその道の専門家がいるほどです。
細長い日本列島の周囲を囲んでいる大海による海産物によって与えられている”恵み”には、われわれは大いに感謝すべきことなのです。
日本の真夏といえば紺碧の空に浮かんだ積乱雲=入道雲そして大ヒマワリの花を先ずは思い出す人も多いでしょう。
外国の人たちから眺めると、日本ほど食べ物や飲み物が豊富でユニークなこと、そしてまさに平和であることはほかには無いことを痛感しているといわれているのです。
あなたも軽井沢方面への避暑の実現に努めて、山の珍味ともに大いに気分転換を図ってみませんか?