Pocket

国内旅行のおすすめのこととして、日帰りとはまったく別に宿泊そしてグルメにとてもこだわる人が居るものです。
たんにゆっくりと熟睡さえできればよいという人もいるでしょうが、やはり現地独特のグルメこそを堪能したい人も多いでしょう。
純日本四季の民宿スタイルにおける雰囲気そして地方のグルメの味わいのみを強く求める人も多いようです。
わたし自身の経験となりますが、地方の田舎に行くとJRなどの鉄道便数がとても少なくて車両数が少ない列車があり、同乗者たちといっしょになって、民宿までもが同じになって非常に親しくなったことがあります。
大都会に近いようなところでは、決して経験することがありえないようなことをその宿泊中には珍しいグルメとともに体験できるのです。
さらには日本は地震大国(?)だけあって、地下からの熱水の関係からの真の天然温泉風呂が備えられている宿泊施設も多くあります。
天然温泉フアンともなれば、いく種類もの美味しいカニ料理が食べられる温泉宿の多い北海道から九州にいたるまで無数の有名なところが挙げられでしょう。
たとえば軽井沢温泉も超有名でしょうし、日本海側ひとつとっても福井県の東尋坊方面の片山津温泉あるいは兵庫県の城之崎温泉など、また日本列島の中心では岐阜県の下呂温泉とか兵庫県の有馬温泉などなどが尽きないカニシャブとかオサシミなどの魅力をもっています。
とくに海の無い岐阜県においての有名どころとしては「竹取御殿 岐阜店」をはじめ「アナグラ 穴GURA」や「開化亭」さらに「赤い鳥 岐阜駅店」などなどがあります。
もちろん九州地方においても本場のいわゆる「長崎チャンポン」とか「博多ラーメン」などが堪能できる温泉付きの宿泊が可能なところを見出せるでしょう。
昨今のヤングたちにとっては、洋式にこだわるケースが増えてきているようですが、民宿のようなタタミでではなく純ヨーロッパスタイルの食堂そしてベッドルームに特別な魅力を求めているという強いニーズが外国風のグルメとともに増えてきています。