Pocket

関東といえばやはり世界からみた大都市の東京ともなりますが、東北とか九州の人たちにとってはなんと国内旅行のおすすめの”オアシス”的な存在になっているそうで、とりわけヤングにはとても大きい魅力のあるところなのでしょう。
新宿から六本木などなど、皇居前広場とかその周囲のランニングに独特ものを感じているようです。
そして晴天の日にはあの日本が世界に誇る富士山さえ展望できることは、あまりにも有名になっています。
おすすめスポットは、池袋にある洋食レストラン「キッチンチェック」の「ポークソテー・デミグラスソース」が挙げられます。
静岡県から長野県などをも含めた日本アルプスともにまさに最高峰として、もっとも勧められる独特の地方性に満ちあふれているのです。
”山派”にいわせると、日本人ならいちどは富士山の頂上まで登るべきだなどと強調している人もよく見かけます。
御殿場地方からせめて富士山の麓における大傾斜地域まででも大いに脚を伸ばしたいものです。
浜名湖の「ウナギパイ」を忘れないでください。
長野県では立山連峰などから、諏訪湖そして大正池地方における大自然の深さにこそ尽きることの無い味わいがあるでしょう。
そしてあの「信州そば」の妙味をも忘れないでください。
いっぽう太平洋を望められる千葉県方面では、世界に向けて発着する航空機の魅力は、飛行機マニアにとってはまさに格好のカメラ場所として、そのアングルに酔っているかのような人たちで終始にぎわっています。
熱海の海岸は有名な「大野屋」などがある温泉街ともに、ヨーロッパスタイルに近いホテルのある方面も大いに国内旅行として大衆化されているとはいえ、おすすめの候補のひとつでしょう。
囲炉茶屋を訪れてぜひとも「あじのたたき丼」そして名物の「きんめだいの煮付け」などを堪能しましょう。
まさに山海の珍味ともに味わうことのできる大人気のエリアとなり続けております。
忘れがちなのが小笠原諸島であって、太平洋に浮かぶ島並みで大いに英気を養って来てください。