Pocket

沖縄の気候について、お話しようと思います。
暑い島だというイメージばかりが先行してしまいますので、よく読んでいただきたいと思います。
たしかに沖縄は日本の最南端で夏が非常に長いです。
気候を分類的に申しますと「亜熱帯気候」に属します。
更にわかりやすく申しますと、年間の平均気温が20度を下回ることがほとんどないということです。
もともと暖かいイメージの沖縄ですから、これを聞いてもとくに驚くことはないと思いますが、冬が寒いと言えば少しは驚くのではないでしょうか。
年中、暖かいつもりで、よく下調べをせずに冬に沖縄旅行をするかたがたまにいらっしゃいますが、薄着で寒いため、上着を購入することになったりと、けっこう大変な思いをします。
冬の期間はとても短いですが、その間に10度近くまで気温が下がることは決して珍しくないのです。
暖かい時期が長い沖縄ですから、暖房設備がしっかりと整っているわけではありませんので、せっかくの沖縄旅行で寒い思いをすることにならないよう、お出かけする時期はしっかりと見極めましょう。
ツアーでの沖縄旅行の場合には、旅行会社のほうから、気温や服装などの説明や注意がある場合があります。
ツアーが観光付きの場合には、夏場でも観光バスが冷房で冷えすぎる場合もあるかもしれませんので、上着があったほうが安心です。
その他の観光施設でも冷房が強すぎる場合がありますので、あまりかさばらない薄めの上着を持参すると良いでしょう。
また、意外と知られていないことではありますが、夏場の最高気温は、東京や大阪などよりも低いことが多いです。
暑すぎない爽やかな夏を楽しむには沖縄旅行がおすすめです。