Pocket

国内旅行のベストシーズンこそが秋(フォール=木の葉が落ちるの英語名)として、音楽や歌謡曲などでも日本の秋の憂愁とおびたメロディーのものを、とくに日本人は好んでいるといわれています。
木から落ちる”枯れ葉”を眺めただけでナミダを落とす甘い乙女の心情を思い出すかも知れません。
そこからこそ日本独自の詩こそが生まれ出るのでしょう。
まさに味覚のベストシーズンですから、海岸地方での民宿スタイルでのズ「ワイガニ」や「牡蠣」そしてお刺身などを堪能してください。
諸外国の有名人たちが、日本の詩情にこそ日本のじつに大きい秋としての情感を見出しているのです。
あのモミジの美しさは京都の周辺においては、無限ともいわれるようになっていることは、まさに全国的によく知られていることです。
百日紅=サルスベリの花の秘められたような美しさをも大いに堪能したいものです。
これらのことは、まだまだ無数といわれるほど全国的に見出せるものですから、国内旅行の大きい目的のひとつになるでしょう。
昨今は画面色素が非常に優れたスマートフォンあるいはタブレット端末システムなどが急速に普及していますので大いに秋を満喫しましょう。
あなたはいずれのシーズンがもっとも好きかと問われれば、とりわけヤングに限らずこの味覚の秋と答える人が多いようです。
また寒い寒い冬への準備のためのシーズンでもあるのです。
木の葉は地面に落ちて根をカバーしつつ保護をするという大事な役目を持っているのですから、そのつもりでフランスソング「枯れ葉」をも歌ってみませんか?