Pocket

「三芳庵」は別邸の「水亭」の中からも景色を楽しむことができます。
四季折々の自然を楽しみながら、瀧の音も聞こえるという、とても贅沢な時間を過ごせることでしょう。
「三芳庵」はあの芥川龍之介も訪れたことで有名ですし、皇族の方々が訪れることもあるそうです。
そして、おすすめは「瓢弁当」2100円で、このほかにも三芳庵のランチ弁当は1575円やちょっと豪華な3150円のお弁当もあります。
料理人は加賀料理の研究家ということもあり、三芳庵は、お茶屋としてだけではなく、お食事もおすすめです。
2月上旬には「かぶら寿司」も入るので楽しみにしている方も多いそうです。
10名以上の団体さんは夜も営業してくれるそうなので、グループ旅行の方は予約を入れて夜のお料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。
そして、兼六園のなかのお店でおすすめなのは「城山亭」です。
昭和30年代から営業している城山亭のおすすめ料理は、金沢の郷土料理の「冶部煮」です。
金沢に旅行したら一度は食べていただきたい、治部煮は甘辛い煮物で味がとても濃いです。
うどんなどのアレンジ料理もありますので治部煮が入ったメニューを選んでもよいでしょう。
「清水亭」は、昭和初期から営業している茶屋で、人気のメニューは「兼六だんご」400円です。
兼六園は広いですから散策の間に、おいしいお茶とおだんごのセットで、ゆっくり休憩してみてはいかがでしょうか。
兼六だんごは、コシヒカリの粉を使って団子を作っていますので、こだわりが違います。
「清水亭」は、旅行客にも大人気の休憩スポットとして知られています。