Pocket

そして、兼六園のなかにある「堤亭」は1888年創業の老舗です。
おすすめは、金沢の郷土料理の治部煮が入った「治部煮うどん」「治部煮そば」それぞれ950円です。
鉄鍋で出してくれるので、熱々のうちに食べることができますので、寒い日などにはおすすめのメニューです。
また、女性に大人気の甘味メニューも充実しているので、おやつにタイムには、ぜひ「堤亭」に立ち寄っていただきたいです。
お団子もそうですが、夏はかき氷など、メニューがいろいろありますのでお試しください。
旅行中にはこうしたおやつタイムの甘味も楽しみのひとつですよね。
たくさんあるメニューのなかでも、堤亭の自家製梅シロップが使われているメニューが特におすすめです。
金沢旅行と言うと、海鮮グルメのイメージがありますが、和菓子などの甘味やカフェなどでのケーキも旅行客に人気があります。
市内にも老舗の和菓子店が多いですし、兼六園にはさまざまな茶屋があります。
また市場付近では鮮魚も楽しめますから、グルメを目的とした旅行としても金沢がおすすめでしょう。
小京都と呼ばれている金沢ですので、京都のように日本の伝統文化が楽しめる町でもあります。
一般的な旅行のコースとしては、近江町市場で海鮮グルメを堪能して、日本3名園の兼六園で散策。
兼六園でちょっと休憩のティータイム、甘味メニューを楽しんだら、金沢城公園の中を歩き、金沢21世紀美術館へ立ち寄るなど、歩いて回れるところも便利ですよね。