Pocket

次に忍者寺へ移動します。
妙立寺は建物が迷路状になった複雑なつくりのため、忍者寺とも呼ばれていて、金沢でも人気スポットです。
旅行客も多く訪れ、「忍者」のワードに魅せられた外国人のお客さんもいらっしゃいます。
そして、次に西茶屋街へ移動します。
1812年から1829年ごろにできた茶屋街で、明治以降も歓楽の街として賑わいを見せました。
金沢では有名なネオン街の片町などにも近く、旅行客も多いスポットです。
最後は、グルメスポットとしてのおすすめの近江町市場です。
特におすすめしたいのが加賀野菜、加能がになど金沢ならではの食材です。
お土産にもちょうどいいと思います。
近江町市場は、江戸時代にスタートした古く歴史のある市場で、金沢旅行での定番スポットとなっています。
170店余りが営業し、地元の方の利用も多いということです。
また、周囲にはおすすめの寿司屋などの飲食店がたくさんありますので、事前に調べて行くとよいですね。
近江町市場でお土産が見つからなかった方は、金沢駅へ戻ったら、金沢駅百番街みやげ館へよりましょう。
お土産は最後、ここで手に入るので、旅行の最後に購入すると移動中も楽ですよね。
バスを使って移動してもよいですし、歩ける範囲でしたら散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。
ただ、金沢は雨が降りやすい土地なので、折りたたみがさは旅行の必須アイテムだそうです。
天気がよかったらちょっと長い距離でも歩いてみることをおすすめします。
ガイドにも載っていない金沢のいろいろな発見がありそうですよね。