Pocket

金沢旅行でしたら、日帰りとは言わず一泊二日でゆっくりと楽しんでみたいですよね。
市内のおすすめスポットは実にたくさんあります。
様々なコースが提案されていると思いますが、ここでは二日間に分けて楽しむコースをご紹介します。
初日は、金沢駅東口のバスターミナルからスタートし、金沢市内のバスを使ったコースです。
JR金沢駅構内には、石川県金沢観光情報センターがありますので、観光スポットのパンフレットなどはここでゲットしましょう。
また、さまざまな情報をゲットできますので、立ち寄ることをおすすめします。
車椅子も無料貸出をしていますし、雪の日には、長靴や雨傘などの無料貸出など、旅行客に優しい観光情報センターです。
金沢は天気が変わりやすい土地として有名ですから、金沢ならではのサービスですよね。
そして、コースの最初は、金沢駅からひがし茶屋街への移動です。
ここでは、「まいどさん」の観光案内も頼めますので、申し込みは金沢市観光協会へ連絡しましょう。
ひがし茶屋街というのは、このあたりのあちらこちらにあった御茶屋を、文政三年に加賀藩がこの場所へ集めました。
キムスコと呼ばれる、古く美しい出格子があり、街並みを演出しています。
夜になれば、三味線や太鼓の音も聞こえてくるとても風流な町並みです。
平成13年に、ひがし茶屋街は、国の重要伝統的建造物保存地区に選定され、旅行客の訪れる定番スポットとなっています。
そして、主計町へ移動します。