カテゴリー:冬 旅行 国内 おすすめの記事一覧

楽しい通販と楽しい旅行

楽しい通販と楽しい旅行は、楽天市場、楽天トラベル、アマゾン、電脳卸の人気商品を検索できるサイトです。

  • 冬 旅行 国内 おすすめ

カテゴリー:冬 旅行 国内 おすすめ

冬の旅行なら東京ディズニーリゾート続き

冬以外にも、年間、ずっと人気がある東京ディズニーリゾートですが、一年を通して、利用者が少なくなるのは、春休み前だそうです。
地域限定で特別価格のパスポートが販売されることや、期間限定パスポートも販売されるので、通常料金より安く購入することができます。
学生は、キャンパスデーパスポートがありますし、ほかにも、ディズニーホテル宿泊者限定で購入できるキャンパスデーマルチパスポートもあります。
旅行ツアーとセットでしたら、販売地域が限定されているパスポートも購入可能ですので、家族みんなの分を買うと、通常価格よりかなりの差額がでるのでおすすめです。
冬に外の施設はちょっと寒いですが、どうせなら、空いているときにディズニーランドやディズニーシーを楽しみたいですよね。
国内旅行先としても、ずっと人気が高いディズニーリゾートですが、夏休み、春休みや連休は激混みですから、比較的、空いているときを狙って旅行するのがおすすめです。
もちろん、クリスマスや年末年始は込み合うと思いますが、その間を狙って行ってみるとよいでしょう。
1月から2月は、一年のうち、穴場な日があるということですから、普段、何時間も並ぶアトラクションがスイスイ乗れることもあります。
ランドやシーを満喫し、そのままオフィシャルホテルに宿泊すれば、ずっと夢の国にいるようで、夢が覚めませんので、冬のご家族旅行なら、お子さんも喜ぶ東京ディズニーリゾートがおすすめです。
関東以外からいらっしゃるとちょっと旅費も大変でしょうが、国内ですから、海外旅行よりも安くあがると思います。

冬の旅行なら東京ディズニーリゾート

今年の冬の旅行先はもう決まりましたか?
長いお休みがある方は海外に行けるでしょうが、年末年始でも連休があまり取れないという方もいらっしゃいます。
お子さんがいらっしゃる方でしたら、やはり、どこか国内でもいいから連れて行ってあげたいと思うことでしょう。
また、ご家庭を持たない人で、普段、お仕事で疲れている方なら、国内でもいいから、どこか温泉でも1泊して、ゆっくりとお風呂に入り、日頃の疲れを取りたいと思うでしょうね。
冬に国内旅行するとしたら、みなさんが何処へ行きたいと思っているか、ちょっとネットで調べてみました。
冬でも、あたたかい沖縄は相変わらず人気があり、おすすめですが、家族全員で行くとなると旅費も大変そうです。
また、冬には特に寒さが厳しくなりますが、北海道は、冬ならではのグルメもありますので相変わらず、冬の旅行先として人気があります。
そして、有名な雪まつりに一度は行ってみることをおすすめします。
大阪、博多、京都あたりは、観光地として、冬ではなくても多くの人が訪れますし、冬より秋の紅葉というイメージでしょうか。
熊本、鹿児島、神戸、東京もランキングに入っていました。
そして、大型レジャー施設のなかでも、ディズニーランドや、シーは旅行先としても鉄板でしょう。
また、ユニバーサルスタジオも新しいアトラクションが登場し、人気も上がっています。
こうした地名や施設名を見ると、旅行好きな方はほとんど行ったことがあるのではないでしょうか。

冬の伊豆旅行続きその2

金目鯛はおめでたい魚でもあるので、お祝いの席では、尾頭付きで出ることも多いです。
お刺身もおいしいですが、焼いても煮てもそれぞれ違った美味しさが堪能できますが、やはり金目鯛の煮付けは有名でしょう。
国内旅行では伊豆のほかでも、金目鯛をグルメの目玉としている観光地も多いですが、稲取で獲れた金目鯛は特におすすめです。
また、冬場の静岡県グルメとしては、いけんだ味噌煮という漁師料理も有名です。
静岡県須崎半島の先端、爪木崎の「池の段」から名前がついたという「いけんだ味噌煮」。
昔、地元の漁師たちが、その日に捕った魚介と海草を煮て、味噌で味付けして食べていたことから、由来する伝統料理です。
おすすめのこのお料理は、静岡県では、須崎エリアで食べられるそうですので、ぜひ、チェックしてみてください。
フジツボやカメノテなど、普段、見られない貝類からダシを取り、具は豪華に伊勢えびや、さざえ、精進ガニ、魚などが入っています。
寒い冬でしたら、この「いけんだ味噌煮」が身体に染みることでしょう。
そして、伊豆の冬グルメの定番が岩のりです。
伊豆周辺は、プランクトンがたくさん生息しているので、海の幸が豊富です。
特に岩のりは冬に取れる風物詩ともなっています。
旅行のお土産としても良いですし、そのまま食べられるため、おつまみなどにも最適です。
磯の香りをふんわりと味わいながらのお酒は、また格別でしょう。
国内では、岩のりの産地は幾つかありますが、伊豆の海流が入り混じる場所で育った伊豆の岩のりはとてもおいしいですから、是非、食べてみてくださいね。

冬の伊豆旅行続きその1

国内でも恋人の聖地と呼ばれる場所は幾つかあるようですが、恋人で伊豆に旅行したら、恋人岬で鐘を鳴らし、恋人宣言証明書をもらいましょう。
愛する人の名前を呼びながら鳴らすとより効果的だそうです。
それから、伊豆高原体験の里では、陶芸体験ができます。
誰でも一度くらいはやってみたいと思うロクロを使っての陶芸を、ここで体験することができます。
室内での作業となりますから、冬の寒いなかの旅行にもおすすめです。
電動ろくろを使った陶芸ですが、初めての方でも、スタッフが親切丁寧に教えてくれますから安心してトライできます。
恋人との旅行記念に陶芸作品に挑戦してみることも素敵ですね。
お子様のための簡単なメニューもありますので、カップルだけではなくファミリーでも楽しめます。
自分のオリジナルの陶器を作ってみましょう。
そして、伊豆と言えば、白い砂浜が美しい海岸、白浜が有名ですよね。
恋人同士なら手を繋いでゆっくり歩きたい海岸であり、国内にいながら南国の雰囲気が味わえます。
800メートルほどありますので、ゆっくりお散歩しながら愛を語り合ってはいかがでしょう。
夏場はゆっくり散歩もできない混みようですが、冬でしたら、落ち着いた白浜を満喫できるので、冬の伊豆もおすすめです。
脂ののった肉厚な身を甘辛煮で。
鮮やかな赤色が料理に華を添える
そして、冬の伊豆旅行でしたら、ぜひ、食べたいグルメが金目鯛でしょう。
下田や稲取や伊東などで捕れますが、稲取近海で獲れた金目鯛は、特に脂が乗っておいしいと高い評価をされています。
これらの金目鯛は、伊豆の旅館や料亭などへ、高級魚としておろされますので、一般人にはあまり目にしません。