カテゴリー:沖縄旅行 ツアーの記事一覧

楽しい通販と楽しい旅行

楽しい通販と楽しい旅行は、楽天市場、楽天トラベル、アマゾン、電脳卸の人気商品を検索できるサイトです。

カテゴリー:沖縄旅行 ツアー

    • 2017/05/15

      沖縄旅行 ツアー

      沖縄には、沖縄を感じてもらえるような体験型施設が多いですが、観光スポットとしての絶景が全くないわけではありません。もちろん、沖縄を取り囲むあの美しい砂浜と海だけ ...

    • 2017/05/13

      沖縄旅行 ツアー

      沖縄旅行に出かけたのでしたら、やはり一度は那覇市に滞在したいものですね。県庁所在地はその県の代表といっても良いような場所です。もっとも最近の県の様子がわかるのも ...

さぁ、沖縄へ出かけましょう

沖縄の有名な観光スポットをご紹介してまいりましたが、沖縄にはまだまだ素晴らしい見所がたくさんあります。
あまりにも観光スポットが多いので、このたびは沖縄の離島は含みませんでしたが、離島もそれぞれに特徴があり、あちらもこちらも行ってみたくなる筈です。
しかし率直に言うならば、あのエメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜をご覧になっただけでも、沖縄旅行に来て良かったと思うことでしょう。
本当にあのような楽園にも似た環境が日本の中にあるということに感動することと思います。
結果的には、団体ツアーであれ、ホテルと航空券のみのツアーであれ、個人旅行であれ、大差はありません。
訪問する場所や数はそれぞれに異なるとは思いますが、もっとも重要なのは、あなたが沖縄を楽しみたいように楽しむということなのですから。
朝から晩まで歩き回って数多くの観光スポット巡りをするのもよし、ひたすらビーチで寝そべっているのもよし、あなたが楽しければそれで良いのが旅行というものです。
そして、沖縄という場所はただそこに居るだけでも楽しい気分になってしまうような不思議な場所だということを忘れないでください。
たった一回の沖縄旅行でも、この島に住んでみたいと思うかたは多数いらっしゃいます。
実際に、沖縄旅行がキッカケでここで暮らすようになったかたは少なくありません。
もし、あなたも沖縄が気に入ったのでしたら、まずはリピーターになってみることです。
回数を重ねるごとに、どんどん好きになることでしょう。
そのうち台風に当たることもあるかと思いますが、そのような事さえもひとつの体験として楽しめるようになるかもしれません。
沖縄で暮らすには台風を避けることは出来ませんからね。
さぁ、次の休暇の行き先はもう決まりましたね。
ハマってしまうことを覚悟で、どうぞ沖縄旅行へお出かけしてみてください。

万座毛

沖縄には、沖縄を感じてもらえるような体験型施設が多いですが、観光スポットとしての絶景が全くないわけではありません。
もちろん、沖縄を取り囲むあの美しい砂浜と海だけでも絶景ではあるのですが、沖縄を代表するような絶景ポイントといえば「万座毛」です。
万座毛も美しい海が含まれますが、隆起したという珊瑚岩から成ります高さ約20メートルの絶壁の端に、象の鼻のような形の岩が海に突き出ているのが有名です。
海の青さも素晴らしいですが、日暮れ時の夕日も大変美しく、万座毛は夕日を見るためのスポットとしても有名になっています。
万座毛という名前の由来は、「万人が座れる毛(野原)」だそうです。
確かに崖の上は緑の芝が敷き詰められたようになっています。
万座毛は観光つきのツアーであれば、多くのツアーが訪れる場所です。
沖縄では、それほど有名なリゾートエリアだということですから、個人で沖縄旅行をする場合にも訪れてみることをおすすめします。
とくに夕日の時間に間に合うようにすると感動もひとしおですね。
また、あまり知られていないかもしれませんが、万座毛には「裏万座」と呼ばれている場所があります。
場所は駐車場にあるトイレの脇から続く農道を進んでゆきます。
そうしますと、大き目の駐車場に出ますが、そこから海に向かうけもの道のような道を歩いてゆきます。
緑に覆われた岩場にでますので、そこが裏万座です。
足場が悪いですから、絶対に無理はしないこと。
万座毛の駐車場のそばにはお土産店などが並んでいますので、そこで、良く冷えたシークヮーサーのジュースや揚げたばかりのサーターアンダギーを購入し、万座毛に腰をおろして絶景を眺めつつ飲んだり食べたりするのも良いですね。
綺麗な場所ですので、くれぐれもゴミを捨てないようにしてください。
沖縄旅行の思い出に相応しい観光スポットです。

OKINAWAフルーツらんど

沖縄旅行の楽しみとして、豊富な南国フルーツを挙げるかたもいらっしゃることでしょう。
他の地域では、見かけることもほとんどなく、まして食べることなど全くないような南国フルーツも、沖縄なら普通に売っていますし、自由に買って食べることも出来ます。
他の地域では、たとえスーパーに置いてあったとしても、フルーツとは思えないくらいの価格がついていたりします。
そのような南国フルーツであっても沖縄でしたら安く手に入ります。
また、バナナやパイナップルなど、よく見かける南国フルーツも豊富にあります。
食事付きのツアーで沖縄旅行をするかたも、フルーツならオヤツに食べられますよね。
また、外国と違って、沖縄で購入したフルーツをお土産にすることも出来ます。
食事付きのツアーですと、ついている食事以外はお腹いっぱいで食べられないというかたもいらっしゃると思いますが、そのようなかたは、食べてみたいもの全てを宅配で自宅に送ってしまうのもひとつの方法ですね。
フルーツ好きなかたにおすすめなのが「OKINAWAフルーツらんど」です。
こちらでは、南国のフルーツが生えている様子や、実がなっている様子を観察することもできます。
どのようなフルーツが観察できるかを少しご紹介してみましょう。
日本人が南国フルーツと聞いたときに、真っ先に思い浮かべるという、マンゴーやパパイヤはもちろんのこと、星の形をしたスターフルーツや、エッグフルーツとも呼ばれるカニステル、切り口の見た目が可愛らしいドラゴンフルーツ、世界最大ということでギネスにも載っているパラミツ、お釈迦様の頭のようだと言われるバンレイシ、めしべが十字架の形に見えるというパッションフルーツ等々、まだ見たことも聞いたこともないフルーツがいっぱいです。
もちろん、バナナやパイナップルの実がなっているところも見ることができますよ。
あなたはパイナップルの実がどのようになっているかご存じですか。
ぜひ確かめにいらしてください。
ほかにも、色々な可愛らしい鳥たちがいるバードゾーンや日本最大の蝶オオゴマダラ飛び交う蝶ゾーンなども楽しめます。

公設市場

沖縄旅行に出かけたのでしたら、やはり一度は那覇市に滞在したいものですね。
県庁所在地はその県の代表といっても良いような場所です。
もっとも最近の県の様子がわかるのも県庁所在地である場合が多いです。
那覇市は、沖縄県民も多く暮らしていますし、観光客も多いです。
そして、那覇市の台所と呼ばれているところが「公設市場」です。
こちらは、ツアーで訪問する場合は少ないと思いますが、那覇市の国際通りに面していて、市民のかたでしたらどなたでもご存じですので、ぜひ立ち寄ってみて頂きたいと思います。
公設市場は、戦後のヤミ市からずっと続いているとのことで、無いモノは無いと言われるくらいに、ありとあらゆるものが揃っています。
普段は、ショッピングがあまり好きではないというかたも、きっと楽しいことと思います。
たとえば、あなたが暮らしているご近所の市場では、ほとんど見かけることもないようなカラフルな色の魚たちや、豚の顔の皮(チラガー)、豚足(テビチ)なども売っています。
今では、全国的にも売られるようになったゴーヤもたくさん売っていますね。
これらは、沖縄では普通に食べられているものですので、あなたも試してみてはいかがですか。
公設市場の二階は食堂になっていて、一階の市場で購入した材料を使って調理もしてくれます。
調理代金は有料になりますが、ご自身ではどのように調理してよいかわからないものなど、ぜひ調理してもらって食してみてください。
それもまたきっと沖縄旅行の忘れられない思い出となることでしょう。
ツアーについている食事も沖縄料理が多いとは思いますが、やはり直接料理人に調理してもらうと美味しさが倍増するような気がします。
カラフルな魚などを食した感想は、沖縄旅行のお土産話にもなることでしょう。